中国株に投資

株を急騰させたのが中国

日本人は貯金が好きといわれるほど金融資産を貯め込んでいるといわれています。その金額は1400兆円、ほとんどは低金利の預貯金に預けられており、日本国民の思考としてハイリスク・ハイリターンなどの金融商品より、安全性が好まれる傾向にあるからです。

 

最近ではインターネットを利用した株取引や単位の少ないミニ株も購入できるようになり、資産運用に興味を持つ方が増えてきています。

 

そこで注目されているのが見通しの明るい中国株です。しかし、中国株に投資する前に中国株の仕組み、種類を勉強しなければいけません。

 

中国株の人気

 

中国株投資は人気が高まってきています。

 

中国株投資の残高が一定の基準を保っていると日本経済新聞や日経金融新聞の記事が出ていましたが、最近ではGDPの上昇率がやや下がってきました。それでも、投資の勢いは中国株投資の方がまだまだありそうです。

 

中国株への投資は、今ではさまざまな証券会社から直接行う事が出来ますので、投資をするとしても、やりやすい環境が出来ています。

 

中国株を勉強しよう

 

中国の観光客を待っている日本の地域もあるでしょう。日本のある地区が中国で人気になると、何千人という観光客が入ってきます。また、原発で多くの中国人が故郷に帰ってしまいましたが、中国は物、人、お金という面でも、もはや日本の経済にとって、切り離せない存在になっているのです。

 

一方、投資でいえば、自分で何かアクションを起こさないと、中国で今、何がはやっているか、安全な中国株などの情報は得られません。

 

中国株の投資をしたいと思ったとき、日本でいう会社四季報が「中国株二季報」です。といっても、これから中国株を始めるという方は、まず、本などで知識を吸収してから、「中国株二季報」で会社を選定しましょう。


中国株の書籍

スポンサーリンク

更新履歴